アーユルヴェーダを学ぼう。生活に取り入れてみよう。3つのドーシャ

こんにちは、Haana事業部スタッフのメグミです。
今回はアーユルヴェーダを知る、学ぶ上で切って切り離せない、3つのドーシャについて
深く見ていきましょう。

アーユルヴェーダでは身体に3つの性質をもつエネルギーが働きかけると考えられています。
これが、VATA(ヴァータ)、PITTA(ピッタ)、 KAPHA(カッパ)と言われるものです。
このエネルギー(生命を維持するための生理機能)のことをドーシャと言います。

Ayurveda vector illustration. Ayurveda elements. Vata, pitta, kapha doshas in blue, orange and green colors. Ayurvedic body types. Infographic with flat icons. Ayurvedic symbols in linear style.

アーユルヴェーダではこれらのドーシャが「個々人」においてバランスが取れている状態を健康とします。
この「個々人」というのがポイントです。なぜなら、このエネルギーバランスがそれぞれ3つ均等だから良い(健康)
ということではないからです。
この1人1人のドーシャのバランスは受精時に生まれ持っての資質として決定づけられ、これをプラクルティと言います。

(自分の体質を知りたいという方は、この診断シートをお試しください。)

風のエネルギー「VATA」・・・動かすという機能を持ち、空と風の元素が優性とされ、乾、軽、冷、粗、動の性質を持ちます。

火のエネルギー「PITTA」・・・変換させるという機能をもち、火と水の元素が優性とされ、油、熱、鋭、液、流の性質を持ちます。

水のエネルギー「KAPHA」・・・結合・維持という機能をもち、水と地の元素が優性とされ、重、冷、油、遅、緩の性質を持ちます。

この自分の性質、体質を知っておくと、普段の生活で自分自身の健康の為に、気をつけたいことが自分で意識できるようになるので、
とても役に立ちますよ。バランスを整える又は乱す行動、習慣だけでなく、どういったものを食べるべきかも大切なことも
分かります。

流行りの健康法に飛びつくのではなく、自分自信を見つめ、自分にあった健康法を取り入れていきたいものですね。

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。