【運営スタッフコラム】アーユルヴェーダ体験③ ~アビヤンガ~

前回の記事で強めを指定してしまったばかりに、頭をガンガン叩かれることになってしまったのですが、レベルを普通にしてくださいとお願いしたら、気持よくマッサージしてくれるようになりました。

ドクターおすすめのアビヤンガ(全身オイルマッサージ)ですが、やたらと体位を変えさせられました。
トータルでかかったマッサージの時間は45分ほどだったのですが、7回体位を変えました。
後々この理由を伺うと、これは心臓や骨に良いからだそうです。色んな場所からアプローチをかけることにより、体に掛かる負担を軽くします。

editIMG_4141

ドクター曰く、アビヤンガの効能としては痛みの軽減、リフレッシュ効果、エクササイズと同じ効果、睡眠の促進などの効果があるそうです。

トリートメントの後はスチームバスによって汗を流します。
木でできた箱の中に座り、前の扉を閉められると顔だけが箱から出ている状態になります。そして箱のなかには熱いハーブの蒸気が充満して汗をかくという仕組みです。

10分ほどスチームバスをして汗をたっぷりかきました。背中やお腹、足まで汗がつたってボタボタ垂れているのがはっきりと分かります。
これは相当デトックス効果が期待できるのではないでしょうか。
汗と一緒に毒素も体から出てっているんだ、と思うと余計に気持ちいいです。

その後はシャワーを浴びて、汗とオイルを洗い流しました。

シャワールームから出ると、私を担当してくれたセラピストさんが頭に赤い粉をつけてくれました。
以前もオイルマッサージを体験した際も同じことをしてもらいました。

全ての過程が終了したら、ぬるめのお湯をもらって一息つきました。
アーユルヴェーダのオイルマッサージをした後、その日は1日中安静にしなければならないのが原則です。
激しい運動をしたり、お酒を飲んで騒いだりすると体内に毒素が周り、体がだるくなってしまってせっかくのアーユルヴェーダが後味の悪いものになってしまう場合もあります。

私は前回アーユルヴェーダを受けた際は炎天下の中歩いて帰宅し、その後バドミントンをしに出かけ、帰宅後に知人の歓迎会でお酒を飲みました。
その日の夜は体が重くて、倒れるように寝たのを覚えています。

そうならないためにも、トリートメント後のケアはしっかり行うようにしましょう!

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。