【運営スタッフコラム】アーユルヴェーダ体験④ ~フェイシャルトリートメント・オイルマッサージ~

アーユルヴェーダ施設にてフェイシャルトリートメントの体験をしてきました。
フェイシャルトリートメントは普段の洗顔では落とせないような汚れが落ち、肌に潤いを与え、更にリラックス効果もある人気のコースだそうです。

担当してくれたセラピストさんが流暢な英語で説明をしながらトリートメントをしてくれました。
彼女は11年もの間セラピストの仕事をしている大ベテランだそうです。(自称)

まずは汗だくだった顔をローズウォーターで拭いてきれいにします。とても良いバラの香りがしました。
ローズウォーターは肌に潤いや艶を与える効果があり、欧米諸国をはじめ世界中で注目されている薔薇の蒸留液です。肌への刺激がなく、乾燥肌や敏感肌で悩んでいる人も安心して使うことができるようです。

きれいになったら、オイルを顔に垂らしてまんべんなくマッサージを施されました。
これが気持ち良すぎて、そのまま寝てしまいそうなほどでした。自称大ベテランのテクニックは伊達ではないようです。

マッサージの後はオイルを肌にしみこませるためにしばらく放置します。
その間にセラピストさんが何やら作り始めました。次に行うフェイスパックのペースト作りを行うそうです。
今ここで作るんですね。

IeditMG_4831材料はパラヤムコーダムというケララ州で一般的に食べられている小さいバナナ2本と、卵ひとつぶんの卵白、そして少量のハーブのパウダー(社外秘)です。
それらを混ぜて顔パック用のペーストを作ります。

普段食べているものを顔に塗るなんて、なんだか変な感じです。もったいない。
しかし市販のパックよりも、人工科料が入っていないから肌に良さそうです。

このペーストを作っている際にセラピストさんにバナナと卵白の美容効果について伺いました。
これらの材料は食べてももちろん体に良いですが、直に塗布しても抜群の効果があるようです!

それについては次回の記事でレポートします。

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。