【運営スタッフコラム】アーユルヴェーダ体験⑤ ~フェイシャルトリートメント・バナナと卵白のパック~

editIMG_4803
前回の記事の続きです。
バナナと卵白、ハーブのパウダーを混ぜてペーストを作り、それを顔に塗布するようです。

ペーストができたら顔の上に乗せていきます。
ひんやりしたペーストが気持ちいい。とてもバナナ臭いけど。

バナナにはビタミンCやビタミンAが豊富に含まれています。これはコラーゲンの生成を助けるはたらきがあり、シワの予防になります。
他にもマグネシウムも含まれており、これは肌のキメを整える効果あるようです。

卵白には殺菌作用があるので肌の汚れをとり、黒ずみを除去する効果が期待できます。また、保湿効果もあり、肌に潤いをあたえます。

オイルマッサージで開いた毛穴の上から塗布することで、成分をより浸透させることができるそうです。

顔だけでなく耳や首までしっかり覆われた後、目の上にキュウリの輪切りにしたものを乗せられました。
たまに美容系の本やパンフレットなどで見かける光景です。

キュウリには肌に良い成分が多いらしく、目元を保湿することによりむくみやクマの解消に効果的なのだそうです。

マッサージの後でリラックスしていたからかウトウトしてしまいました。
パックで顔が覆われている重みや感触が気持ちよくて、うっかり寝落ちしてしまうところでした。

20分ほど経った後、セラピストさんがいきなりペーストを剥がしに来たので目が覚めました。
ペーストを剥がした後の肌の潤い具合が非常に良かったです。

これを続けるとかなり肌の調子が良くなるのではないでしょうか。
ドクターが仰っていたように車のメンテナンスを定期的にするように、身体のケアも定期的に行うことにより効果が実感できるのでしょうね。

卵やバナナは簡単に手に入り、更に肌に良い成分が豊富に含まれています。それらを混ぜたものを塗布するだけでも効果は期待できるそうです。

身近なものを使ってアーユルヴェーダ的な生活を送ってみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。