他の医学療法やアロパシーに対する、アーユルヴェーダの利点

アーユルヴェーダは約5000年前の古代インドで始まった、古くからの歴史をもつ医学です。植物やハーブに由来した薬を使い病気の症状を取り除くことを目指したホリスティックな治療法であると考えられています。”アーユルヴェーダ”という言葉は生命を意味する「ayuh」と、知ることや知識などと訳される「veda」の2つのサンスクリットが組み合わさってできた言葉です。基本的には、アーユルヴェーダとは私たちの体が本来持つ力で病気を治すことを可能にする、スピリチュアルで伝統的な治療の方法です。その一方で、アロパシーとは、約300年前とわりと最近にはじまったものですが、世界中で幅広く認識され、行われている医学です。アロパシーの基盤となる概念は病気の原因になる組織を破壊することで患者の状態を即時的に安定させることです。しかし、これは病気の完全な治癒を保証するものではありません。以下にアーユルヴェーダと、近代のアロパシー医学の異なる利点を示しました。

アーユルヴェーダの薬が目指すのは、患者を永久的に癒し、効果的に病気を治すことです。また、患者の健康状態を改善するために望ましい生活習慣と食事の提案をします。一方で、アロパシー医学の治療法は細菌やバクテリア、ウイルスなど病気を引き起こす原因を破壊することで、一瞬で効果を出すことがゴールとされています。しかし、この治療法は病気が永久に治るということを断定することができないのです。

アーユルヴェーダの薬がさまざまな種類の簡単に手に入る植物やハーブなどからつくられている一方で、アロパシー医学の薬は複雑な工程を経てつくられるため非常に高額であることから、アーユルヴェーダの治療はアロパシー医学に比べて比較的安く済むとされています。

アーユルヴェーダの薬の大半は自然の薬品から、人体にほとんど害がありません。一方で、アロパシーの薬は化学薬品を合成してつくられるため、副作用などをもたらす可能性があります。つまりアロパシーは何らかの副作用をもたらしながら病気を治療するのです。

アロパシーはよく、簡単にお金が儲けられる専門領域だと考えられていますが、アーユルヴェーダは患者の健康的なライフスタイルを送る手助けをする利他的なサービスなのです。

アーユルヴェーダの薬のほとんどはオーガニックの原料からつくられるので、環境に優しく、害がありません。これはつまり、深刻な化学汚染から私たちの森や空気を守るのに役立ちますが、アロパシー医学ではこのようなことはありません。

アーユルヴェーダの薬は私たちの体から毒素を取り除いてくれますが、アロパシー医学は部分的にしか体を浄化してくれません。

アーユルヴェーダの薬はまず、私たちの体の細かいシステムを癒すために病気の症状の根本的な原因に注目します。それにより、私たちは長い間、良い健康状態を保つことができるのです。一方でアロパシーは病気の症状に焦点を置き、その原因ではなく、特定の症状だけを抑制させる薬を処方します。アロパシーの治療方法が複数のタイプの副作用を引き起こし得るはこのためです。

アロパシーの治療法と比べて、アーユルヴェーダの薬は慢性病、とくに肝臓に関係のある病気の治療に効果的です。これは主にアーユルヴェーダの薬が肝臓の若返りに効果のある成分を豊富に含んでいるためです。

アロパシーの治療は、特定の病気の症状に対し、迅速ですが一時的にしかつづかない治療効果しか得られません。たとえば、黄疸や痔、関節炎などのような深刻な病気に対するアロパシー治療の効果は長続きしません。一方で、アーユルヴェーダはこれらの病気をうまく治すことができます。アーユルヴェーダの治療は比較的時間がかかるものですが、その後得られる病状の安定は永久的に続きます。これは、アーユルヴェーダが基本的に病気の原因に注目し、ただ症状を取り除くというよりは完全に治療するからです。

上記のアーユルヴェーダの治療や薬の利点を考慮すると、アーユルヴェーダは、副作用無しに自然の力で私たちの体を浄化し、またその行程で心と体を改めて活性化させることから、非常に治療効果が高いものだと考えられています。

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。