【運営スタッフコラム】ホットストーン(石)マッサージの効能

アーユルヴェーダでは多くの種類のマッサージが存在しますが、中でも最もポピュラーなのがアビヤンガ(Abhyanga)と言えるでしょう。アビヤンガは、ハーブオイルを使って行うマッサージで、若返りや疲労回復効果が期待出来ます。

今回ご紹介するシラアビヤンガ(Shila abhyanga)は、アビヤンガから一歩進んだストーンマッサージです。このマッサージでは、大小様々な大きさの滑らかな玄武岩が温められた状態で身体のキーポイントに置かれます。通常は背骨の左右に置かれます。

hot-300x196ストーンマッサージを行っている様子[Picture Courtesy:guildchiropractic.ca]

このストーンマッサージは組織や筋肉に適度な刺激を与え、体内の「気(prana:気息、呼吸)」をコントロールします。気をコントロールすることにより身体の緊張がほぐれ、高いリラックス効果が得られます。

ストーンマッサージの主な効能は以下となります。

・体内の血液循環を活性化する

・体内から毒素を排出する

・緊張をほぐし深いリラックス効果が得られる

・筋肉のけいれんや痛みを緩和する

professional-300x200大小様々なサイズの石がマッサージに使われます[Picture Courtesy:virginiawilliams.wordpress.com]

ストーンマッサージは古くから存在するマッサージ方法で、このマッサージには多くの病や諸症状を緩和する効果があります。特に、筋肉痛、背中の痛み、硬化症、関節炎、線維筋痛症、血液循環障害、不眠症、ストレス、不安症、うつ病、の症状を軽減する効果があると言われています。

ストーンマッサージはセラピストにとっても、他のマッサージのように強い力を使わずに高い効果のあるマッサージをサービスすることが出来るメリットがあります。石が肌を温めることにより、毛穴が開き、ハーバルオイルが最大限に吸収され、マッサージ後の肌はツルツルと生き返ったようになるでしょう。

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。