【運営スタッフコラム】アーユルヴェーダ医師おすすめのデトックスティーレシピ

何度かコラムでもご紹介させて頂いている通り、アーユルヴェーダでは、冬は免疫力を高めるのに最も適した季節だと言われています。今からご紹介するデトックスティーは、冬に飲むことによって体内の毒素を排出し、免疫力向上を高める手助けをしてくれます。

***レシピ***
1.朝、2リットルの水を沸かします。
2.沸かしたお湯に小さじ1/4のクミンシード、小さじ1/2のコリアンダーシードとフェンネルシードを加え、蓋をして沸騰させます。
3.スパイスを取り出し、水筒に注ぎ、日中飲むようにしましょう。

このデトックスティーに、ハーブやスパイスを加えてお好みのデトックスティーを見つけましょう。

1.ミント
ミントティーは鼻づまりや喉の不調の解消に高い効果を発揮します。ミントは自然由来のメントールで、冬に摂取することで、肺うっ血にかかるリスクを低下させたり、おなかの調子を整えたり、また熱を下げる働きがあります。ミントはミントティー以外にも、料理の飾りつけなどでも日常的に目にする機会が多いハーブです。

2.生姜
生姜は料理にアクセントを加えるのみならず、高い薬用効果も認められています。身体を温める効果がありますので、冬には特に積極的に摂取するようにしましょう。抗ウィルス性、抗菌性に優れていて、多くの病から身体を守ってくれます。吐き気の解消にも効果がありますので、気分が優れない時には特に摂取すると良いでしょう。生姜は生の状態が一番健康への効果があると言われています。みじん切りやすりおろしたものを、積極的に料理に加えましょう。料理以外で手軽なのが、手作りの生姜茶です。お湯に潰した生姜(みじん切りやすりおろしでも可)を加えます。甘味が欲しい場合にはハチミツを足しましょう。

628x363ginger-tea-300x173薬用効果の高い生姜[Courtesy:prevention.com]

3.チリペッパー
発汗作用以外にも、炎症予防効果のあるチリペッパー。辛みが強いので苦手な方も多いと思いますが、多くの薬用効果が認められていますので積極的に摂ることをお勧めします。スープにひとつまみのレッドペッパーを加えるだけで粘膜を強化する効果があると言われています。

4.にんにく
多くのハーブ事典において、にんにくは健康に最も効果があるハーブであると掲げられています。薬用効果の高さで言うと、他のハーブの追随を許さないであろう、にんにく。高い抗菌効果以外にも、抗原虫薬、抗ガン効果や風邪を予防する効果が認められています。生姜と同じく、生の状態が一番良く、調理すると効果が減少すると言われています。多くの料理の味付けとして重要な役割を果たすにんにく。抗凝血剤を含む薬を服用している場合や、手術を受ける前には摂取を控えた方が良いことがありますので、医師に相談するようにしましょう。

20-garlic-b-200912-300x225健康効果が最も高いと言われているハーブの王様、にんにく[Courtesy:boldsky.com]

 5.カモミール
白い小粒な花が印象的なカモミール。身体や心の緊張をほぐす効果のあるハーブです。筋の緊張を和らげる効果もありますので、冬の寒さでこわばりがちな身体を緩める為にも接種するように心がけましょう。その他に、お腹の不調を整える効果もあります。

imagesリラックス効果のあるカモミール[Courtesy:idiva.com]

いかがでしたでしょうか。冬に上記のデトックスティーを摂取すると特に効果がありますが、一年を通して飲むことで健康を持続することが出来ますで、是非飲むことを日課にしましょう。

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。