インド 地元住民に愛されるレストランで”朝食”を  インドのごはん第7弾

今日はインド生活をディープに体験?!
インド 地元の住民に愛されるレストランをご紹介します。

朝、11時。
インド人の朝食はだいたいこのくらい。
※もっと早起きしていても、朝7~8時はチャイとスナック程度で済ませているようです。

このレストランにお邪魔しました。

インド レストラン!

名前は?
HOTEL SANKAR

HOTEL SANKAR

うん?HOTEL?
と思った方もいると思いますが、

南インドではHOTELと書いてあるところがレストランを示す場合があります。
特に地元のレストランでは多い!
と泊まる所ではないのでお気をつけて。

そしてこの店のメニューは?

メニュー表

さすがに読めませんねー
これが ケララの言葉「マラーヤラム語」です。

インドのレストラン、特にHOTELでは
メニューのBOOKがなく、あのように掲示のみの所があります。
お店の人に聞いてしまうとか、あの人が食べてるやつ・・・と注文するのもいいかも☆

ということで私は、周囲を見渡して

朝ごはん中。

多くの人が食べているものにしました。

その名もドーサ!ケララドーサ!

ケララドーサ

ふんわりとした生地(蒸しパンのようなもっちり感もある)に
ココナッツのまろやかな(スパイスもやさしめ)ソースをつけてorかけて食べます。

おいしい(^^*)/

ココナッツの味がすると、やっぱりケララだな!と思います。
ココナッツ文化はこちらから☆

インドの食事は朝から辛いの?カレー?油っぽい?
と考える人もいるかもしれませんが、南インドは特にこういったさっぱりした
日本人の朝食に食べれそうなものが多いんです!!

住むなら南インドへ♪笑

以上。インドの地元レストランレポートでした~

【Haana アーユルヴェーダ(学び・体験)コース 夏の特別価格&コースはこちら
只今受付中です!!

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。