【運営スタッフコラム】アーユルヴェーダ医師へのインタビュー⑥ ~各ドーシャの特徴~

アーユルヴェーダ医師へのインタビュー①~アーユルヴェーダの始まり~
アーユルヴェーダ医師へのインタビュー②~アーユルヴェーダは生活に寄り添うもの~
アーユルヴェーダ医師へのインタビュー③~アーユルヴェーダの薬は自然由来~
アーユルヴェーダ医師へのインタビュー④~シッダ医学とは~
アーユルヴェーダ医師へのインタビュー⑤~ドーシャについて~

Q11:アーユルヴェーダでは、誰しも3種類のドーシャを持ち合わせていると言われていますが、特に突出して現れるドーシャとは体質的な特徴を指すのでしょうか?それとも精神的な特徴でしょうか?

A11:先述の通り、誰しもが3種類のドーシャ(ヴァータ、ピッタ、カパ)を保持しており、特に1種類のドーシャが強く現れると言われています。医師はトリートメントの前に、まず患者のプラクリティ(prakriti)を診断します。診断することによって、より効果の高いトリートメントを患者に施すことが出来るからです。ドーシャの診断方法は簡単で、好き嫌いの簡単な質問、立ち振る舞い、また歩き方や話し方からも判断することが出来ると言われています。以下はそれぞれのドーシャの一般的な特徴です。

ヴァータ:スリムな体型、肌は乾燥していて色黒、髪は黒か茶色、薄い歯茎と大きな歯、濃い色の瞳、などが特徴です。

この体質は便秘体質で、発汗しにくい特徴があります。排尿は、回数は多いものの、一回当たりの濃度は薄いのが特徴です。長期記憶は苦手な一方で、短期記憶は得意でしょう。ストレスに弱く、心配になりやすい、緊張を感じやすいタイプと言えるでしょう。また落ち込むこも多いでしょう。旅をすることが大好きですが、湿度が高く、寒い気候は苦手です。食欲はあまり旺盛とは言えないでしょう。

ピッタ:中肉中背、色白または赤みを帯びた肌、緑/グレーがかった瞳の色、小さく黄色い歯と柔らかい歯茎、平均的な大きさの口、などが特徴です。

この体質はクリアでシャープな声の持ち主です。記憶力に優れ、知的で野心家であると同時に嫉妬深い一面もあります。眠りは浅く、食欲旺盛な特徴があります。暑い気候は苦手で、贅沢を好みます。

カパ:ふくよかな体型、しっかりとした骨格に浅色の脂性肌、白く丈夫な歯、青い瞳、大きな口、などが特徴です。

穏やかな口調、深い眠り、汗かきであり、慣れ親しんだ環境を好みます。安定した食欲があり、グルメな人が多いです。記憶力に優れ、ビジネスに向いています。湿度が高く、寒い場所が苦手です。

doshas-300x263ドーシャ毎の一般的な体型特徴[Courtesy:dxpnet.com]

長寿を全う出来るかは、この3種類のドーシャをいかにバランス良く保てるかにかかっています。ドーシャバランスの崩れは不調や病を意味します。ドーシャのバランスを保つには食事と消化、運動、そして毒素を体外へうまく排出できるかが鍵となります。

Ayurveda_Image-300x213各ドーシャの特性[Courtesy: awaken.com]

Q12:自分のドーシャタイプを知ることは大事なことでしょうか?

A12:はい、とても大事なことです。自分のドーシャタイプを知ることにより、日常生活の中でどのように生活したら健康になれるか、逆にどのような行いが不調を招くのかを学ぶことが出来ます。例えば、自分のドーシャを知っていれば、自分にとって良い/悪い食べ物を知り、健康を維持するために必要な日課を守ることが出来ます。予め知っておくことにより、病を予防できるメリットがあります。

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。