【運営スタッフコラム】ケララ州最大のお祭り、オーナムのご紹介

ケララ州は、西ガーツ山脈とアラビア海の間の南東に位置する、インドの他の地域とは一線を画した、神秘的で唯一無二な場所です。世界中から観光客が訪れるばかりでなく、インド国内の人々にとっても人気の観光地として知られています。2013年には約85万人の外国人観光客がケララ州を訪れ、イギリス、ドイツ、アメリカ、フランス、イスラエル、東西アジア諸国、その他の国の人々が思い思いの時間を緑豊かな土地で過ごしました。

ケララ州ではオーナムと言う名で知られる、お祭りがあります。一年に一度、主に9月か8月の太陽暦によって決められた10日間の間に行われます。宗教や社会的地位など関係なく、全ての人々が盛大にお祭りを祝います。

オーナムは、期間中にケララ州を訪れるとされている王様を迎えるお祭りと言われています。その昔、マハーバリという悪魔の王様がケララを治めていました。人々は幸せで豊かに暮らしており、彼の行いに対して深い尊敬の念を抱いていました。これを見ていた神々はマハーバリに挑戦されたと感じ、彼を地下世界に送ることを決めますが、神々はマハーバリの功績を認め、一年に一度、地上世界に戻る恩恵を与えます。オーナムはマハーバリの一年に一度の地上世界への帰還を称えるお祭りとして、ケララ州で広く祝われています。

オーナム祭りの期間中は、ケララの豊かな文化を一番感じることができます。お祭りの開催前には、精細な手仕事による準備作業を垣間見ることができ、また同時にフォークソングや伝統的なダンスやゲーム、色鮮やかなご馳走を楽しむことができます。プリカリと呼ばれる虎の仮装をしたダンスや、クンマティカリと呼ばれるカラフルな仮面を付けて踊るダンスがお祭りに美しいエッセンスを加えます。ケララ政府はオーナムをツーリスト期間と位置づけ、キャンペーンを行っています。お祭りの期間中は国内外問わず、多くの観光客でケララは賑わいを見せます。

Pulikali-2 (1)オーナムの代名詞、プリカリ

オーナム祭りのハイライトはオーナサッディヤ(Onasadya)と言っても過言ではありません。お祭りの最終日かつ最も重要な日とされるティルオーナム(Thiruonam)に振舞われます。バナナリーフをお皿代わりに、12から15種類のカレーやピクルス、スイーツが乗ったご馳走です。もう一つ重要なイベントがヴァランカリ(Vallamkali)と呼ばれるパンバ川で行われるスネークボート競走です。何千もの観客が自分のお気に入りのボートを応援して盛り上がります。

Onasadyaオーナムの時期に振舞われるオーナサッディヤ(Onasadya) [Courtesy:flickr.com]

もう一つ忘れてはならない魅惑的な伝統が、色とりどりの花びらで作ったプーカラム(Pookalam)というカーペットです。マハーバリ王を迎え入れるために中庭に作られます。民家のみならず、オフィスや公共の場でも見ることができます。

pookalam-2美しいお花のカーペット、プーカラム(Pookalam)

オーナム祭りはカーストや宗教を問わず、全ての人々に喜びと興奮を与えてくれます。お祭り期間中は家族や親戚の集いの時期でもあります。平和、繁栄、家族愛というポジティブなメッセージをオーナムは人々に贈り届けてくれます。

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。