ヴィレチャナ(Virechana)

パンチャカルマの1つ。下剤浄化療法。
食事療法やギーを呑むことを経て、治療に体を徐々に慣れさせた後、個人個人の体質に合った下剤用の薬を飲んで行う方法です。
血液や肝臓、脾臓、小腸、汗腺に溜まった毒素を出し、体を浄化します。

これは単なる腸内の洗浄ではなく、体全体の老廃物の排出で、治療後は体が軽くなったような感じがします。
代表的な緩下剤はセンナ茶ですが、ワタやピタの体質の人には温かいミルクにギーを加えたものが使用されます。

簡単な流れ:

      1.食事療法(食べ物の制限等)をし、少しずつギーを呑んで事前に体を慣らします。
      2.下剤を投与します。
      3.1時間ほどで薬の効果があり、排泄があります。

HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。