GWは南インド映画祭!

今年のGW、東京と大阪で南インド映画祭が開催されます。
南インド映画祭
南インド映画?と思われた方がいらっしゃるかもしれません。
まず最初に基礎知識として・・・実はインド映画=ボリウッド映画ではないんです。
Bollywoodと言うのはヒンディー語圏地域で制作された映画のことを言います。つまりデリー、ムンバイを中心とした北インド周辺。
インドでは色々な州で映画が制作されていて、それぞれの州で特徴があります。(インド人はその国民性がよく現れると言ってます)
その中でも制作本数の多さで言われる、インド映画、御三家
ヒンディー語映画・・・・ボリウッド
タミル語映画・・・・・・コリウッド
テルグ語映画・・・・・・トリウッド
今回は南インド映画祭ということで、ボリウッドを除く、コリウッド、トリウッド映画を中心に南インド映画が日本で
観られるのです。私が住んでいるケララ州のマリヤラム映画、モリウッドも放映予定の様です。
注目度で言うと、タミル映画は「ムトゥ、踊るマハラジャ」「ロボット」で有名なスーパースター、ラジニカーントの
出演する「カバーリ」でしょうか。
州によって映画の特徴があると言いましたが、歌と踊りがインド映画の最も重要な要素ということは共通点。
でも、印象的に南インド映画は、ボリウッド映画みたいに歌と踊りがお決まりというわけでは無さそうです。
その代わり、戦うシーンがすごい派手だったり、奇想天外なストーリーが展開されたり、人間味あふれるドラマだったりと
バラエティが豊か。このハチャメチャ感が楽しめた方は、インドと相性がいいですね。まだインドに来たことが無いなら、
次回の旅行地に是非インドを選んで下さい(^^)
また、映画を通してインドの宗教や生活様式、結婚式、家族に対する考え方など、色々なことを知るきっかけにもなると思います。
・・と、ここまで、南インド映画を押しながら、実は個人的に観たいと思っているのは、日本では本日公開予定の「Lion-25年目のただいま-」これはアカデミー賞6部門ノミネートされた、インドが舞台の実話をベースにした映画です。
主演は「スラムドッグ・ミリオネア」で有名になった、デヴ・パテル。予告編だけで感動してしまいました。
私の住んでいるトリバンドラムでも上映してくれないかなぁ。
GWの予定が空いている方、この機会にインド人の最大の娯楽、エンターテイメント産業の映画に触れてみてはいかがでしょう?

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。