ギネス級の女性のお祭り、「アトゥカル ポンガラ」in トリバンドラム

3月11日は「アットカル ポンガラ」というお祭りでした。

毎年、現地の暦に合わせ、2月末から3月の初めの時期に行われるケララ州でのヒンズー教の一大イベント。
10日間に渡って続くこのお祭りのメインイベントが、この日の女性によるお供え作り。
女神に捧げるお供え物を作るため、州を越えてたくさんの女性がこのトリバンドラムに集結します。
メインとなるお寺、アトゥカル バグヴァディ寺院(Attukal Bhagvathy Temple)を中心に半径20Km辺りの道路上で、女性がレンガを組み、陶器鉢でパヤサムという甘いお汁粉のようなものを作ります。
お米や黒砂糖、カシューナッツやレーズンを陶器のポットでグツグツ煮て作るこの作業を「ポンガラ」と言います。
なんと、「女性が集まる集会として最大」ということでギネスに登録されたこともあるとか。
道路を薪に火をくべて料理をする女性たちが埋め尽くします。
 1週間前から道路の脇には陶器鉢がうず高く積まれ、前日からは場所取りが始まります。
お寺に近ければ近いほど、ご利益があると考えられているからです。
当日の朝は、お寺でのオイルランプの点灯から始まり、そこから分け与えられた火が、隣の人、また隣の人に渡り、料理が開始!
パヤサムを作りながら、女性たちは女神の降臨を祝い、自分の希望や家族の幸せや健康を祈ります。
3月6日付けのThe hindu新聞によると、今年は400万人の人が参加すると言われているとか(本当??)
興味があれば、材料とポットとレンガを持っていけば女性なら誰でも参加することが出来ます。
(ポットもレンガも現地調達可能みたいです。)
今回は、残念ながら参加しませんでしたが、(周囲の人に暑くて倒れるとか、煙で目が痛いとか、迷子になるとか脅されて怖くなってしまって(笑))私も、来年こそ挑戦してみよう!

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。