インドのベビーマッサージ、オイルバス。

こんにちは、Haana事業部のメグミです。
前回、日本で個人的にアーユルヴェーダベビーマッサージを勉強中と
書きました。実際、インドでのベビーマッサージはどんな感じなのでしょう?
今回はインドでの実践・体験報告です。

ケララのインド人に「赤ちゃんの時にオイルマッサージを受けた?」と聞くと、
ほぼ100%「YES!」という答えが返ってきます。
しかも毎日!?

日本では、日本の生活様式に合わせて、週に2、3回で良いと言われたベビーマッサージ。
インドでは、少なくともケララでは毎日赤ちゃんはオイルバスをします。
日本の様に暖かい湯船に浸かるのではなく、代わりにオイルを擦り込んで洗い流すのです。

 

オイルバスの効果は、肌や臓器の強化、体の成長を促す、体の汚れ落としなど。
私が体験、実践した時は、オイルはアーユルヴェーダの薬局で購入した
薬用オイルを使用していました。ただ、このオイルにはターメリックが入っているので、
頭には使用できません。
ターメリックは髪を抜けさせてしまうからだそうです。私が習った時は、一番最初に頭頂部に
オイルをつけると習ったのですが、オイルによって気をつけないといけないんですね。
頭皮にはバージンココナッツオイルを別に使用しました。
マッサージが始まりました。
アンマのマッサージを見ていると、赤ちゃんの脚がまっすぐになる様に何度も脚のマッサージを繰り返し、うつ伏せにしては、足元からお尻へヒップアップマッサージを何度も繰り返します!
インド人の脚がまっすぐで長いのはただ遺伝的なことだけではなく、この0歳からの
毎日のマッサージに秘密があったのでは??
マッサージ全般は習ったこととほぼ同じだったけれど、脚のマッサージの丁寧さには
驚きました。
オイルの洗い流しには、通常の家庭では石鹸を使うことが多いということですが、昔からの
やり方で習った今回は、ココナッツの実から取ったパウダーを使いました。これに水を含ませて
全身に塗ってから洗い流します。石鹸だとオイル成分の取り過ぎがあるものの、これだと
ココナッツパウダーに含まれる油分も体に残って、乾燥しやすい赤ちゃんの肌がしっとりするそう!
湯上りに保湿クリームを塗る必要はありません。
こんなに丁寧にオイルマッサージを毎日赤ちゃんにしてあげるなんてすごいですね。
私もインドの赤ちゃんに産まれていたら、脚がまっすぐ長くなっていただろうか・・・
いや、それはないだろうなぁ。。。

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。