7日以上のコースをお申し込みの方への無料特典について。感想を伺いました!パート2

こんにちは。Haana事業部のメグミです。前回、弊社の無料特典サービスについてお客様の体験談を元にご紹介致しましたが、今回はその第2弾です。

こちらのお客様は、2017年の8月から10月にかけて、ケララ州トリバンドラムのアーユルヴェーダ施設で50日間のオーダーメードコースで、28日間のトリートメントと28日間のセラピストトレーニングコースを受けられました。

滞在中の無料特典は、市内観光、ショッピングツアー、ヨガクラス、アーユルヴェーダ施設のハーブ園&製薬工場見学などでした。

ハーブ園&製薬工場見学について、そしてセラピストトレーニングコースの中で希望されたクッキングクラスについて伺いました。

 

Q.アーユルヴェーダのハーブ園、製薬工場の施設に訪れて頂きました。
訪れてみていかがでしたか?学びのコースの理解に役立ちましたでしょうか?
ハーブ園も工場もドクターと一緒に行き、ドクターはどれを見てもすぐに名前と効能を説明してくれ、その知識の豊富さに驚きましたし、とても面白かったです。
写真をその度に撮ってはいたのですが、後から振り返るとどれが何かというのがなかなか思い出せず、もったいなかったかも…と感じました。
工場はまだ建設中ということもあって完成している部分は清潔に保たれていて、品質管理にも気を配られているのがよくわかりました。
ボイラーが薪だったのが何だか新鮮でしたし、こういうところまで自然のものを利用しているのはアーユルヴェーダの工場らしくも感じました。
Q.セラピストトレーニングコースの中にクッキングクラスも入っていましたが、どんなメニューを作りましたか?何か発見はありましたか?実際の生活には生かせそうですか?
ラッサムなど、主に南インドの家庭料理の中からのアーユルヴェーダ食レシピを教えてもらいました。
基本的には具材を細かく刻み、スパイスと共に炒めたり煮たりする流れになるので、どのレシピをとってみても消化に良いだろうと思いました。
味付けはとてもシンプルで、スパイスの他は塩のみ、ということがほとんどでした。
スパイスもそれほど種類は使わず、炒めるときにはマスタードシード、野菜をミキサーにかけるときにクミンやペッパー、他はターメリックやチリが使われるくらいだったので慣れてくるとあまり悩まずに済みそうだと思うくらいでした。
クラスのレシピ外ではありましたが、エビを使ったカレーのときは途中の段階の具材を炒め合わせたあたりでも充分おいしそうで、日本でならその段階でご飯のお供になりそうでした。
青いバナナを野菜として使うところに驚きましたが食感はモチモチとしていて美味しかったです。また、ドラムスティックは初めてだったので食べ方も教わりました。
日本では青いバナナやドラムスティックはなかなか手に入りそうもないので貴重な体験ができました。

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。