【運営スタッフコラム】アーユルヴェーダ的、健やかな生活を送る「いろは」

5000年前も前から伝承されてきたインドの医学であるアーユルヴェーダ。アーユルヴェーダの考え方は病気を治すのではなく、そもそも病気を防ぐ理論に基づいています。病気にならない一番の方法は何といっても健康であることです。健康を維持するには毎日、アーユルヴェーダで推奨されている生活習慣の「いろは」を守ることがとても大事とされています。アーユルヴェーダには毎日の生活習慣の「いろは」の他に、季節ごとの「いろは」も定義されています。

今回のブログでは、数多くある「いろは」の内のいくつかをご紹介します。

・一日の中で定期的に白湯を摂取しましょう。一度の量は少ない方が良いとされていて、30分から1位時間おきに飲みます。飲む量よりも頻度が重要とされています。

・簡単な運動でも良いので毎日身体を動かすようにしましょう。努力のしすぎは良くありません。無理なく続けられるものがお勧めです。運動の後にはアーユルヴェーダに基づいたストレッチを行い、身体をほぐすことも忘れてはいけません。

・毎日オイルマッサージを行いましょう。身体を浄化するのにオイルマッサージは非常に効果的です。毎日行うことが難しい場合は、休日に行うだけでも効果があります。オイルマッサージには身体のストレスを和らげ、崩れたドーシャバランスを調整する役割があります。身体の毒素を排出するのみならず、精神的なリラックス効果を得ることもできます。

・食事はベジタリアンが推奨されています。空腹を強く感じた時にのみ食事を摂るようにしましょう。

・落ち着いた体制で食事を摂ります。食事中はテレビを観たり本を読んだりすることは推奨されていません。

・朝ごはんは必ず食べ、夜に重い食事を摂ることは避けましょう。

・出来る限り、オーガニックで新鮮な食材で調理された食事を摂りましょう。

・季節の変わり目には身体を清める作業を行います。具体的には、いつも食べているものより軽い食事を摂り、代わりにたくさんの温かい水を飲むことで、身体の消化力を高めることが期待できます。

・質の良い睡眠をとることを心がけましょう。熟睡できない場合は、アーユルヴェーダのオイルマッサージの後に温かいお風呂に浸かることで、ぐっすり眠ることが出来るでしょう。軽めの夕食を摂り、食後はリラックス出来る音楽を聴きましょう。22時前には寝ていることが理想的です。

organicsoul-300x198ヨガを定期的に行うようにしましょう[Pic Courtesy:organicsoul.com]

いかがでしたでしょうか。アーユルヴェーダ的、健やかな生活の「いろは」は想像しているよりも簡単に実践することが可能で、継続する気持ちがあれば、現代の生活の中でも続けることが可能です。

コメントは受け付けていません。


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。