トリヴァンドラム中央駅 Trivandrum Central Railway Station

Station1
切符の窓口には切符を求める人で長蛇の列が。ホームには、電車に乗るのか誰かを待っているのか、インド人が大勢床に座っています。 電車の時間が迫っている時は、前の方に並んでいる人に言うと快く入れてくれます。 長距離の移動に備えて、駅の売店でお菓子や飲み物を買っておくといいかもしれません。 電車の席は、長距離列車の場合は基本的に寝台となっており、頭上の席に乗っている人もいます。

 

おすすめポイント

各駅に着くごとに、チャイやお菓子などを売り歩く人が入ってくるので、ちょっとつまんでみると楽しいです。

 

注意ポイント

行き先は主にヒンディー語で書いてあり、時間やプラットフォームは変更することがあるので、 列車名と列車番号を電光掲示板を確認し、さらにインド人や他の旅行者に確認すると確実です。 電車内では、駅到着のアナウンスがなく、駅名の看板はヒンディー語表記しかないので、 だいたいの到着時間を覚え、近づいたら教えてもらうようインド人に頼んでおくと良いでしょう。

 

Station2

Station3

 


HAANAでは、インドでアーユルヴェーダを学びたい、体験したいといった方や、ケララ州のことが知りたい、観光してみたいといった方のためにアーユルヴェーダのことはもちろん、ケララ州の魅力をたくさん伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。